全身脱毛のお得な割引・裏技法

Home » 2014 » 2月

厄介な自然科学をどう対処するか

2月 10th, 2014 Posted in 未分類

公務員試験の自然科学は、教養科目の中でもかなり受験生を悩ませる科目となります。
なぜなら、公務員試験受験者の多くは文系の受験生ですから、文系の人にとってもこの科目はかなりのネックとなるのです。
数学、物理、化学、地学、生物の中から何科目か選択することになるのですが、文系の人であっても最低2科目は選択しないといけないでしょう。
さて、理系の人であれば、迷わず自分の得意の科目を選択すればいいのですが、文系の人だと場合によっては、1科目も勉強したことがない科目があるかもしれません。
国公立を受験した人であれば、数学ともう1科目勉強した経験があるでしょうが、私立文系しか受けていない人は、どの科目も勉強していない可能性があるのです。
もし初めて勉強する人であれば、生物と地学を選択するのが無難でしょう。
この2科目は、暗記の要素が大きいので、文系の人でもあまり苦労せずに勉強することができます。
一方で、大学受験で数学を勉強したことがある人は、数学を迷わず選択しましょう。
公務員試験の数学な難易度も易しいので、容易に正答することができるのです。
物理と化学に関しては、よほど得意な人でない限りは、選択しない方がいいでしょう。

ゲーム作りの難しさ

2月 9th, 2014 Posted in 未分類

“私はテレビゲームを遊ぶ事が好きです。
しかし、時々面白いけど遊びにくいゲームが出てきます。
それは3Dのゲームに多いですね。

面白いのですけれど、すごく酔うのですね。
ですから長時間遊ぶことが出来ませんし、面白いけど遊び過ぎると気分が悪くなる事も多いです。

そうなのでゲーム作りにはアイデア以外にも様々な配慮が必要だと思うのです。
面白いシナリオが作れても酔ってしまって遊べないのではあまり意味が無いと思いますし、
綺麗なグラフィックでも同じように思います。
物凄く技術があっても面白いゲームにならないのも同じような意味なのかもしれません。

私は今まで自分だけがゲームを遊んでいると思っていました。
しかし、小学生から大人までゲームは遊ばれています。
ですからそれらの人達誰でも楽しめるようなゲームが良いゲームなのではないかと思うのです。

人を選ぶゲームと言うのは世の中には存在しますが、
本体はそうであってはいけないのかもしれません。
しかし、人を選ぶゲームを大々的に広告を打つことで沢山売ろうとする動きが
現在広がっています。それでは困る人も続出する事でしょう。
難しくても、ゲームに難易度を求めるプレイヤーがあえてそれを選ぶというのならばいいのですが
まだ駆け出しのユーザーが宣伝につられてこう難易度のゲームを手に入れてしまうのはどうなのかなあと思うのです。”

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報